発達凸凹の子どもたちに運動が重要な理由

発達凸凹の子どもたちにとって、運動は身体的な成長だけでなく、精神的な健康や社会的スキルの向上にも大きな役割を果たします。運動を通じて脳の発達が促進され、学習能力や集中力の向上が期待できるだけでなく、ストレスや不安の軽減にもつながります。また、チームスポーツやグループ活動を通じて他者とのコミュニケーションを学ぶことで、社会性を育み、自己肯定感を高める効果もあります。このように、運動は子どもたちの総合的な成長を支える重要な要素です。

「運動が子どもの脳をどう変える?」驚くべき成長効果とは

発達凸凹(発達障害)の子どもたちにとって、運動は脳の発達に不可欠な役割を果たします。特に、協調運動(コオーディネーション運動)は、脳のさまざまな領域を活性化し、神経回路の強化に貢献します。

協調運動とは、異なる身体部位が連携して動くことを必要とする運動を指します。例えば、ボールをキャッチする、縄跳びをする、またはリズムに合わせて体を動かすなどの活動が含まれます。これらの運動を行うことで、脳内での信号伝達が活発化し、複数の神経ネットワークが同時に活性化されます。

【協調運動が脳に与える具体的な影響】

  • 空間認識能力の向上: 協調運動は、視覚、聴覚、触覚などの感覚情報を統合して処理する能力を高めます。これにより、子どもたちは空間内での自分の体の位置や動きをより正確に把握することができ、空間認識能力が向上します。
  • 左右の脳半球の統合: 協調運動は、左右の脳半球が協力して情報を処理することを促進します。例えば、ボールを投げるときには、視覚情報を右脳で処理し、運動指令を左脳で出すなど、両方の脳半球が連携して動作を制御します。このように、協調運動は左右の脳のバランスを整え、統合的な情報処理能力を高めます。
  • 運動計画と実行能力の強化: 協調運動には、事前に動作を計画し、その計画を実行するプロセスが含まれます。これにより、前頭葉の機能が強化され、運動を計画・実行する能力が向上します。この能力は、日常生活のさまざまな場面で役立ち、子どもたちの自立を支える重要なスキルとなります。
  • 神経可塑性の促進: 協調運動を行うことで、脳内のシナプスが強化され、新しい神経回路が形成されやすくなります。神経可塑性が高まることで、学習や記憶の効率が向上し、発達凸凹の子どもたちの脳の発達に大きな影響を与えます

運動は脳の発達に不可欠な役割

協調運動は発達凸凹の子どもたちの脳の発達に非常に効果的

「運動がストレス解消のカギに?」不安を和らげる秘密のメカニズム

発達凸凹の子どもたちは、環境の変化や人間関係に対する感受性が高く、日常生活で多くのストレスや不安を感じることが多いです。運動は、こうしたストレスを軽減する効果的な方法です。

運動を行うことで、体内のストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が抑えられ、リラクゼーション効果が得られます。また、運運動後には「幸福ホルモン」とも呼ばれるエンドルフィンが分泌され、気分の改善にもつながります。このように、運動は精神的な健康をサポートし、子どもたちの心の安定に寄与します。

「みんなと仲良くなれる喜び!」運動が育む社会性とコミュ力の秘訣

発達凸凹の子どもたちは、友達と上手にコミュニケーションを取ったり、集団活動にスムーズに参加することが難しいことが多いです。そんな子どもたちにとって、運動は社会性やコミュニケーション能力を育む絶好の機会です。

特に、チームで協力するスポーツでは、お互いの良いところを認め合い、共に努力することで、子どもたちは「仲間と一緒に頑張ることの楽しさ」を実感することができます。また、友達と一緒に遊ぶ時間は、子どもたちにとって何よりも楽しいひとときです。運笑顔で過ごす時間が増えることで、自己肯定感が高まり、積極的に人と関わる意欲も増していきます

スタッフインタビュー

子どもたちの「やればできた!」が生まれた瞬間の笑顔は最高!

私が思うCREDOの良さとは?

学校や習い事の中で、活動や集団行動が上手くいかなかったり、失敗することが多かったりしてしまう子どもたちが、CREDOでその子の成長に合わせてできる活動、運動内容に取り組めることで、できることが増えたり自信がついてきたりして前向きになっていける場所だと思います。こんなにバリエーション豊かな運動プログラムを提供している放デイは珍しいと思います。毎日、違う運動プログラムなので、子どもたちはもちろんスタッフも飽きません!
私にとっては、利用してくれている子どもたちの「やればできた!」が生まれた瞬間の笑顔に立ち会えることがなにより嬉しいです。あとは、スタッフも一緒に運動するので、体が健康になります!続きは、こちら

求人採用エントリーはこちら

求人採用/エントリー